スマートフォンアプリ開発会社BEST5

ヒットを生み出すスマートフォンアプリ開発会社の選び方

開発費用の目安とスケジュール

アンドロイドやiPhoneなどのスマホアプリ開発を依頼した際の目安費用と、完成までの流れについて解説しています。

一般的な費用相場は40万円~50万円/月

一口にスマートフォンのアプリ開発と言っても、機能や内容によって費用は異なり、また開発会社によっても見積もり金額は様々です。

ソフトウェア開発業界では人月計算がよく用いられますが、アプリ開発の相場としては40万円~50万円/月が一般的です。

上級プログラマや高度な開発になると80万円/月くらいを考えたほうがよいでしょう。

仮に50万円/月としてアプリ開発にかかる期間が3ヶ月だとすると、開発費用は150万円になります。簡単なもので1ヶ月程度でできてしまうののであれば、50万円で済むということになります。

なお、これはアプリ開発部分の費用ですので、その他にアプリのPRのための資料作成やWebサイト構築、サーバーの準備などの諸費用がかかることも想定しておいたほうがよいでしょう。

アプリの内容別での費用の目安は以下の通りです。

  • ショッピングカート系:10万円~300万円
  • カタログ・フリーペーパー系:50万円~100万円
  • 通話・メッセージアプリ系:100万円~500万円
  • ゲーム系:300万円~1,000万円
  • SNS位置情報系:500万円~1,000万円
  • ツール系:50万円~300万円

具体的にどの程度費用がかかるのかは、アプリの内容・仕様が決まって開発会社に見積りを出してもらうまでは詳細はわかりません。

当然のことですが、データを表示するだけの簡単なものは安く、ゲームのようにプログラムが複雑なものになればなるほど金額も上がっていきます。

本当に頼りになるスマホアプリ開発業者は?
徹底比較ランキングはコチラ

開発費以外の費用

アプリを開発するとき、開発以外にも費用がかかることを念頭に置いておかなければなりません。
アプリ開発の開発費用は、アプリにやりたいことを実現するまでの開発期間(工数)を考えるのが基本です。それに3つの費用が上乗せされます。

  • 証明書取得費
  • ドメイン取得費
  • サーバー維持費

この3つで数万円の費用が発生します。特にサーバー維持費は、アプリを公開した後もバージョンアップやバグ修正などで継続してかかるので、どれくらいの費用がかかるかをあらかじめ見積もっておきましょう。

開発者登録費

アプリを開発する際には開発登録費が必要です。開発登録費とは、アプリを公開する際に取得するアカウント料のこと。アプリを公開する際にはアカウントを取得しなければなりません。

公開する際に、どの会社で申請するかによって開発者登録費が変わってきます。現在アプリをリリースしている会社はAppleとGoogle。
2つの開発者登録費は以下の通りです。

iOS Developer Program
費用:11,800円/年間:1年ごとに更新が必要

Google Playデベロッパーアカウント
費用 :25ドル(2660円程度)/初回のみ

iOSとandroidは違う会社に申請することになるので、両方のデバイスで作る際は登録料が2つ分かかることを覚えておいてください。

スマホアプリ開発の相談から完成するまでの流れ

1.ヒアリング(相談)

求めるアプリ機能、イメージ、予算などを開発会社に伝えます。すでに要件がまとまっている場合は、技術的な課題など制作・開発をする上での詳細を確認・検討します。

2.企画・提案・見積り

開発会社はヒアリングの内容を受けて、提案書及び概算見積書を作成します。機能一覧などどのような内容のアプリになるのかを確認できます。

3.要件定義

開発会社とコミュニケーションをとりながら、アプリの目的や画面イメージ、ワイヤーフレームなど要件の詳細を詰めていきます。今後の運用状況も踏まえ、開発会社と一緒に検討します。詳細見積書が作成できる段階になります。

4.発注・契約

詳細見積書を確認して問題がなければ、発注・契約をします。

5.設計・デザイン

画面、デザイン、サーバー連携、データベースなど、必要に応じた設計を行ないます。機能設計書、データベース設計書、画面遷移図などが作成されます。アプリの画面やボタンを押したときの動きなど、大まかな設計を行った後に機能面の細かい設定を行っていきます。

6.開発・実装

設計をもとにアプリの開発に入ります。プログラムのコーディング・単体テストなどが行なわれます。実装を進めてからどのような問題があるか確認します。この工程はプログラマーが担当します。

7.テスト・検証

アプリがきちんと動作するかどうか実機を使ってテストを行ないます。テスト仕様書、テスト報告書などが作成されます。

8.納品・アプリ申請

テスト・検証段階で問題が無ければアプリの完成です。制作したアプリを公開するには、Androidの場合はGoogle play storeへの登録、iPhoneの場合はApp Storeに登録が必要です。審査を通過すればいよいよ公開となります。

以上のように、スマホアプリ開発のスケジュールは、一般的なソフトウェア開発の流れとさほど変わりません。ただし、アプリ開発が成功するかどうかは、計画から運用までの工程がスムーズに動くかがカギとなります。公開後の運用で利用者からの意見にこたえるのも大事ですが、開発の段階で利用者のニーズを考えられるかどうかも大切。

つまり、そのあたりの意図を汲んでアプリを開発してくれるだけではなく、運用後もしっかりサポートしてくれるアプリ開発会社に依頼することが安心に繋がりますし、アプリ成功の可能性も高くなります。

本当に頼りになるスマホアプリ開発業者は?
徹底比較ランキングはコチラ

 
スマートフォンアプリ開発に強い会社リスト
モンスター・ラボ
ガラパゴス
C2
ジェナ
アイビス
からくり
クリンクス
ポッシブル
ネクストシステム
フェンリル
クロス・コミュニケーション
テンダ
チームラボ
ブレイブソフト
シーサー
e.d.a
プライムセオリー
イグジット
スプラシア
ロケーションバリュー
ヤプリ
デジタルサーカス
エス・ケイ
マルジュ
制作会社に依頼する前に知っておきたいスマホアプリのあれこれ
開発費用の目安とスケジュール
マネタイズについて
失敗しない開発会社の選び方
iPhoneとandroidのアプリ開発の違い
アプリ開発を委託する際の10の注意点
アプリ開発を委託するメリット
ヒットするスマホアプリを作るためは
スマホアプリの成功事例
アプリオブザイヤー2017から見る成功例
【ジャンル別】アプリ開発の特徴・トレンド
ゲームアプリ開発の事例&トレンド
SNSアプリ開発の事例&トレンド
ショッピングアプリ開発の事例&トレンド
マッチングアプリ開発の事例&トレンド
音楽アプリ開発の事例&トレンド
写真アプリ開発の事例&トレンド
ECアプリ開発の事例&トレンド
位置情報アプリ開発の事例&トレンド
店舗集客アプリを導入するメリット
評判の良い東京のアプリ開発会社を紹介
評判の良い大阪のアプリ開発会社を10社紹介