ヒットを生み出すスマートフォンアプリ開発会社の選び方

TOP » 制作会社に依頼する前に知っておきたいスマホアプリのあれこれ » iPhoneとandroidのアプリ開発の違い

iPhoneとandroidのアプリ開発の違い

こちらではiOSとandroidのアプリ開発の違いについて解説しています。シェア率や収益などの現状から、将来性についてまとめました。

シェア率の違い

日本におけるiPhoneとandroidのシェア率は半々です。以前はiPhoneのOSであるiOSが7割を占めていましたが、現在はGoogle社のOSであるandroidのシェア率が増加しています。タブレットではandroidのシェアがわずかに多い状況です。

世界的な規模で見ると、iOSは1~2割、Androidは8~9割とandroidが圧倒的なシェア数を誇っています。

このシェア率の違いには、iOSを使用する方は裕福な方が多く、一般層はandroidが多いという背景が関わっているようです。アプリの課金でも同じことがいえるようで、iOSを使用している方の大半がアプリを多く使用しているのだそう。

アプリ開発を行なう際にiOSを優先して作ることが多いのは、アプリからの利益が上がりやすいからといえそうです。

プラットフォームの違い

iOSとandroidはアプリを公開、または販売するプラットフォームが違います。プラットフォームとは、アプリが機能するための土台となる環境のことです。iOSは「iOS Developer Program」、androidは「Google Play Developer」というプラットフォームがあります。

どちらのプラットフォームに登録するにも料金がかかります。iOSは年間11,800円、androidは日本円で2,660円程度の料金を払わなければなりません。

一見すると一度料金を支払うだけのandroidのほうが有利に感じるでしょう。しかし、アプリの審査が簡単なぶん同じような内容のアプリが多いため、目立たせることが難しくなることも。

一方でiOSは毎年登録料を支払わなければならないというデメリットはあるものの、利用者からアプリを見てもらえる確率が高くなります。

課金収益比較

iOSとandroidの課金収益を比較してみましょう。

あらゆるアプリの比較を行なっている「AppAnnie」の2016年のレポートによると、収益性が高いのはiOSとされています。

アプリのダウンロード数はandroidがiOSの2倍なのに対し、収益性はiOSのほうがandroidよりも2倍高い数字に。

このレポートからAppAnnieは「iOSが10万円儲けるのに10万ダウンロードが必要なのに対して、androidは40万ダウンロードが必要である」という分析結果を出しています。

広告収益比較

iOSとandroidの広告収益にはほとんど差がありません。2015年、「Opera Mediaworks」が行なった調査によると、iOSは45.44%、Androidが45.77%という広告収益になっていたそうです。

課金比較ではiOSが上回っていますが、広告収益ではandroidが優勢になっています。

将来性

iOSとandroidのシェア率や収益比較は現在同程度です。しかし、今後は日本でも外国と同じようにandroidのシェア率が高くなっていくという見方ができます。

ただ、現在のアプリ開発の場では、はじめからiOSとandroidのどちらにも対応できるよう開発を進める開発会社が多いので、違いを気にする必要はほとんどないでしょう。

開発費用

iOSとandroidの開発における大きな違いとして、使用するプログラミング言語が異なるという点があります。 iOSのアプリ開発にはSwiftが主に使用され、Androidのアプリ開発には主にJavaが用いられています。

両方開発できるエンジニアもいますが、それだけエンジニアの人件費が上がる可能性があり、 自身の開発したいアプリがiOSとandroidのどちらか一方、もしくは両方に対応させるのかで開発費用が変わってきます。

アプリの開発を検討する際には、自身の目的と予算に合わせてアプリ開発の費用相場を把握しておくことが必要です。

アプリ開発の費用についてはこちらで詳しく解説しています>>

実績が豊富なスマートフォンアプリ開発会社をチェックする

 
スマートフォンアプリ開発に強い会社リスト
モンスター・ラボ
ガラパゴス
C2
ジェナ
アイビス
からくり
クリンクス
ポッシブル
ネクストシステム
フェンリル
クロス・コミュニケーション
テンダ
チームラボ
ブレイブソフト
シーサー
e.d.a
プライムセオリー
イグジット
スプラシア
ロケーションバリュー
ヤプリ
デジタルサーカス
エス・ケイ
マルジュ
framgia(フランジア)
VERVE(ヴァーヴ)
DOKE(ドーケ)
エレクトリック・アーティスト・ジャパン
イー・フュージョン
クリエイテラ
デジタルジャケット
エンタップ
エーエルジェイ
アジアクエスト
サイブリッジ
インフォメーションポート
カスタメディア
BAP
テックファーム
リモデルパートナーズ
セルナビ
キュアコード
クラスメソッド
ディー・フォレスト
チャンスラボ
制作会社に依頼する前に知っておきたいスマホアプリのあれこれ
スマホアプリ開発の費用相場と機能別料金を解説
マッチングアプリ開発費用
ECアプリの開発費用
単語帳アプリ開発費用
音楽アプリの開発費用
ニュースアプリの開発費用
カメラアプリの開発費用
SNSアプリの開発費用
マネタイズについて
失敗しない開発会社の選び方
iPhoneとandroidのアプリ開発の違い
アプリ開発を委託する際の10の注意点
アプリ開発は外注するべき?自社開発と外注のメリットデメリット
ヒットするスマホアプリを作るためは
スマホアプリの成功事例
アプリオブザイヤー2017から見る成功例
【ジャンル別】アプリ開発の特徴・トレンド
ゲームアプリ開発
SNSアプリ開発
ショッピングアプリ開発
マッチングアプリ開発
音楽アプリ開発
写真アプリ開発
ECアプリ開発
O2Oアプリ開発
位置情報アプリ開発
ホテルアプリ開発
ヘルスケアアプリ開発
不動産アプリ開発
ニュースアプリ開発
スポーツアプリ開発
教育アプリ開発
電子書籍アプリ開発
翻訳アプリ開発
業務用アプリ開発
店舗集客アプリを導入するメリットとは
評判の良い東京のアプリ開発会社を紹介
評判の良い大阪のアプリ開発会社を10社紹介
評判の良い福岡のアプリ開発会社を紹介
評判の良い神戸のアプリ開発会社を紹介
実績豊富なiOSアプリ開発会社5社の特徴を紹介
開発実績豊富なandroidアプリの開発会社5社を紹介
成功した店舗アプリの事例
効率よく集客力を上げる3つの方法
UI/UXデザインを依頼するならココ 人気のデザイン会社一覧
UXデザイン会社に外注すべきか?
UIデザインの基礎知識
UI/UXデザインのギャラリーサイト集
スマートフォンアプリのマーケティング活用事例集
配達業務の効率化を目指すゼンリンの「配達アプリ」
鹿児島銀行が開発した決済アプリ「Payどん」
口コミ収集アプリが重要なマーケティングツールとなる