ヒットを生み出すスマートフォンアプリ開発会社の選び方

TOP » 【ジャンル別】アプリ開発の特徴・トレンド » 翻訳アプリ開発

翻訳アプリ開発

仕事やプライベートを問わず、外国語に接することが多くなってきた昨今、さまざまな言語を手軽に翻訳できる翻訳アプリはとても便利です。ここでは、翻訳アプリの開発やトレンドについて紹介していきます。

外部に依頼するとこんな翻訳アプリが作れます

Worldictionary Lite - 瞬間翻訳・検索ツール

単語のスペルを入力することなく、カメラを通して見るだけで翻訳してくれるアプリです。外を歩いていたときの見た広告や雑誌の記事などで、ふと見覚えのない単語を見たときに簡単に調べることができます。収録言語も多彩で、英語以外にもスペイン語やイタリア語などをはじめ、30ヶ国語以上を認識できます。

利用した人のレビュー

  • 英語のような馴染みのある言語だけでなく、ロシア語などの読み方もわからないような単語もすぐにその場で調べることができるのでとても便利です。
  • 海外のホテルや空港などの表示や看板でわからない単語があったとき、すぐに調べることができます。撮影しなくていいのが驚きです。

Penpower Technology Ltd.の会社概要

ビジネスカードスキャンシステム「Worldcard」、携帯電話のSMS/EMS、ロゴ、着信音などのソフトウェア「Worldphone」、最先端の整体測定技術を用いた顔認識システム「FaceMetrix」を開発している会社です。

会社名 Penpower Technology Ltd.
住所 海外
アクセス 公式サイトに記載なし
主な取引先 公式サイトに記載なし

エキサイト翻訳

代表的な機械翻訳アプリです。他のアプリにはない機能として、一度翻訳した文章は再翻訳の結果までを表示してくれるというものがあります。また、無駄な装飾を省いたシンプルなレイアウトなので画面を広く使うことができ、長文も1画面に収めて読むことができます。

利用した人のレビュー

  • 動作が軽いのでストレスもなく、スマホでもPCでも快適に使えています。特に再翻訳機能には助けられています。
  • 今まではブラウザのエキサイト翻訳を使っていましたが、アプリの方も使ってみることにしました。SNSで外国の方とコミュニケーションする際に重宝しています。

エキサイト株式会社の会社概要

ブログからインターネットサービスまで幅広い業務を行っています。スマホアプリでは、エキサイトモバイルではセガと提携してさまざまなゲームの配信などを行っています。

会社名 エキサイト株式会社
住所 東京都港区南麻布三丁目20番1号; Daiwa 麻布テラス4階
アクセス 公式サイトに記載なし
主な取引先 公式サイトに記載なし

Naver Papago翻訳

音声認識による翻訳アプリです。特筆すべきはその読み取り精度で、雑音が大きな場所や小声であってもしっかり声を読み取ってくれます。さらに翻訳速度も早いのでスムーズに使えます。2言語を切り替えることなく翻訳できるので、会話しながらでの翻訳も楽にできるのも大きなメリットだと言えるでしょう。

利用した人のレビュー

  • 英語のサイトを読む機会があったので翻訳アプリを探していたところこれを見つけました。機能にはまだまだ改善の余地があるとは思いますが、コンセプトは非常に優れていると思います。
  • 韓国語で知りたい単語を調べたり、学校の授業で習った英単語を調べたりとさまざまな場面で活用しています。とても重宝しているので、これからも使っていこうと思います。

NAVER Corp.の会社概要

法人向けのモバイルアプリ開発実績を多数有するジェナは、AIやIoTなど新規技術の取り組みにも積極的な開発会社。ゲームアプリ開発では、ゼロからの企画と開発を重視しており、売上だけでなく価値にも重点を置いた開発を行なうことを大事にしています。

会社名 NAVER Corp.
住所 韓国
アクセス 公式サイトに記載なし
主な取引先 公式サイトに記載なし

APPランキング翻訳アプリTOP3は?

Google 翻訳

100以上の言語に対応している翻訳アプリの決定版です。カメラを用いたテキストのリアルタイム翻訳も可能で、紙文書の翻訳も簡単にできます。さらに音声翻訳にも対応しており、マイクに向かって話せばその言葉を即座に翻訳してくれます。これひとつあれば、翻訳から会話までこなしてくれるでしょう。

Microsoft 翻訳

テキスト、音声、画像認識とあらゆる媒体の翻訳が可能なアプリです。ほかの翻訳アプリと比較して特徴的なのは、音声同時通訳が可能だという点です。自分と相手が同時にこのアプリを使うことで、自分の話した日本語が相手のスマホ上で英語に変わるという画期的な機能なのです。対応言語は60以上となっています。

VoiceTra

情報通信研究機構(NICT)開発による翻訳アプリです。31ヵ国語対応で、スマホに話しかけた言葉を自然な言葉に翻訳してくれます。言語切替はワンタッチでできるので操作は快適、音声入力だけでなくテキスト入力にも対応しています。長文には不向きなものの、短い会話なら問題なく翻訳してくれます。

翻訳アプリの現状、トレンドは?

グローバル化がますます進行していく昨今、外国語と接する機会は昔とは比べ物にならないほど多くなっています。日本人は外国語への苦手意識が強いとも言われており、そうした側面からも翻訳アプリはますます今後のトレンドとして需要が高まっていくと考えられています。特に、カメラをかざすだけで翻訳ができる「カメラ翻訳」機能は、入力の手間がいらない翻訳アプリとして需要が高くなっています。

開発実績が豊富なアプリ開発会社ランキングを見る>>

実績が豊富なスマートフォンアプリ開発会社をチェックする

 
スマートフォンアプリ開発に強い会社リスト
モンスター・ラボ
ガラパゴス
C2
ジェナ
アイビス
からくり
クリンクス
ポッシブル
ネクストシステム
フェンリル
クロス・コミュニケーション
テンダ
チームラボ
ブレイブソフト
シーサー
e.d.a
プライムセオリー
イグジット
スプラシア
ロケーションバリュー
ヤプリ
デジタルサーカス
エス・ケイ
マルジュ
framgia(フランジア)
VERVE(ヴァーヴ)
DOKE(ドーケ)
エレクトリック・アーティスト・ジャパン
イー・フュージョン
クリエイテラ
デジタルジャケット
エンタップ
エーエルジェイ
アジアクエスト
サイブリッジ
インフォメーションポート
カスタメディア
BAP
テックファーム
リモデルパートナーズ
セルナビ
キュアコード
クラスメソッド
ディー・フォレスト
チャンスラボ
制作会社に依頼する前に知っておきたいスマホアプリのあれこれ
スマホアプリ開発の費用相場と機能別料金を解説
マッチングアプリ開発費用
ECアプリの開発費用
単語帳アプリ開発費用
音楽アプリの開発費用
ニュースアプリの開発費用
カメラアプリの開発費用
SNSアプリの開発費用
マネタイズについて
失敗しない開発会社の選び方
iPhoneとandroidのアプリ開発の違い
アプリ開発を委託する際の10の注意点
アプリ開発は外注するべき?自社開発と外注のメリットデメリット
ヒットするスマホアプリを作るためは
スマホアプリの成功事例
アプリオブザイヤー2017から見る成功例
【ジャンル別】アプリ開発の特徴・トレンド
ゲームアプリ開発
SNSアプリ開発
ショッピングアプリ開発
マッチングアプリ開発
音楽アプリ開発
写真アプリ開発
ECアプリ開発
O2Oアプリ開発
位置情報アプリ開発
ホテルアプリ開発
ヘルスケアアプリ開発
不動産アプリ開発
ニュースアプリ開発
スポーツアプリ開発
教育アプリ開発
電子書籍アプリ開発
翻訳アプリ開発
業務用アプリ開発
店舗集客アプリを導入するメリットとは
評判の良い東京のアプリ開発会社を紹介
評判の良い大阪のアプリ開発会社を10社紹介
評判の良い福岡のアプリ開発会社を紹介
評判の良い神戸のアプリ開発会社を紹介
実績豊富なiOSアプリ開発会社5社の特徴を紹介
開発実績豊富なandroidアプリの開発会社5社を紹介
成功した店舗アプリの事例
効率よく集客力を上げる3つの方法
UI/UXデザインを依頼するならココ 人気のデザイン会社一覧
UXデザイン会社に外注すべきか?
UIデザインの基礎知識
UI/UXデザインのギャラリーサイト集
スマートフォンアプリのマーケティング活用事例集
配達業務の効率化を目指すゼンリンの「配達アプリ」
鹿児島銀行が開発した決済アプリ「Payどん」
口コミ収集アプリが重要なマーケティングツールとなる