ヒットを生み出すスマートフォンアプリ開発会社の選び方

TOP » スマートフォンアプリのマーケティング活用事例集 » 口コミ収集アプリが重要なマーケティングツールとなる

口コミ収集アプリが重要なマーケティングツールとなる

ここでは、マーケティング戦略の重要な位置づけとなる口コミ収集アプリについて詳しく解説します。中国アリババグループの口コミサービス「口碑(koubei)」の事例などを参考に、口コミマーケティングの重要性を確認していきましょう。

マーケティングにおける口コミの有用性

かつてテレビのない時代は、家族や知人などから得られる口コミが重要なマーケティング機能を果たしていました。

その後、テレビが台頭してからは、スポンサー企業が一方的に発信するCM等がマーケティング戦略の主流に。そしてインターネットが普及した現代、ふたたび口コミが重要なマーケティングツールとして、多くの企業から広く脚光を浴びています。

ネット上の口コミが業績を大きく左右することは、もはや説明するまでもないでしょう。

たとえばAmazonで買い物をする際、あるいは楽天トラベルでホテルを探す際、ほとんどのユーザーは、レビューの内容に目を通すはずです。いかに販売企業が「良い商品である」とうたっていても、レビュー評価が低ければ売れません。逆に、たとえ商品に関する情報が質素であったとしても、高評価のレビューが多く集まっている商品ならば、売れる見込みがあります。

ユーザーの購買モチベーションにおいて口コミが重要な位置づけとなる以上、商品を提供する企業としては、積極的に口コミをマーケティング戦略の一環にとりこむことが重要となります。

独自性が求められる口コミマーケティング

口コミが重要なマーケティングツールになるとは言え、オリジナリティに欠ける従来型の口コミ情報アプリは、もはや一部の企業の寡占状態。各商品に対する感想を並べるだけの口コミアプリを開発しても、Amazonや楽天、Yahoo!などに勝てる見込みはありません。

今後はSNSやインフルエンサーの影響力も十分に考慮しつつ、企業ごとに独自性ある口コミマーケティングを模索する必要があるでしょう。

巨大な中国市場で重視される口コミマーケティング

意外に思う人もいるかもしれませんが、中国は、日本以上に口コミを重視する文化。自国企業が発信する情報への不信感などから、多くの中国人は、ネット上のリアルな口コミを重要な購買基準としています。

口コミ先進国の中国だからこそ、口コミマーケティングの手法も多彩です。主な手法としては、以下の3種類が挙げられるでしょう。

1.「WeChat(微信・ウィーチャット)」からの拡散を狙う手法

中国で大人気のSNS「WeChat(微信・ウィーチャット)」で企業の公式アカウントを開設し、これを軸に情報発信していく手法です。ユーザーに口コミとしてシェアしてもらうことで、情報の拡散を狙います。

2.インフルエンサーに情報を拡散してもらう手法

日本と同様、中国にもインフルエンサーたちがたくさんいます。これらインフルエンサーに自社製品を試してもらうことで、特定製品の情報拡散を狙う手法です。

3.口コミメディアを利用した手法

自社製品のモニターたちに対し、既存の口コミメディアへ体験型の情報を投稿してもらう手法。日本の一部口コミメディアにも同じ手法が散見されます。

アリババグループ傘下「口碑(koubei)」のマーケティング手法

中国における口コミマーケティングを語るうえで、外してはならない存在が口碑(koubei)。アリババグループ傘下という資本力を活かし、創業4年にして250万件ものオフライン店舗が加盟したO2O仲介のサービス会社です。

消費者に対しては割引クーポンや口コミレビューなどのサービスを行い、加盟店に対しては販売システムの提案サービス等を提供。一見、他のO2Oサービスと違いがないようにも思えますが、明らかに同業他社とは一線を画すサービスを展開しているのが口碑(koubei)の特徴です。以下、口碑(koubei)が行っている独創的なマーケティング戦略を2つご紹介します。

口コミを投稿できるのは実際に商品を購入したユーザーのみ

口コミの信憑性は消費者の購買行動に直結します。だからこそ口碑(koubei)では、実際に商品を購入したユーザーしか口コミを投稿することができないシステムを採用。どんな人でも口コミを投稿できる同業他社に比べ、口碑(koubei)の口コミは高い信憑性があるとされています。

共同購入型クーポンを廃止

口碑(koubei)では、「共同購入型クーポンを購入するユーザーは、すでにその店の常連客である」と考えています。その店で商品を購入することを決めている常連客が、少しでもお得に商品を購入するために共同購入型クーポンを利用している、という考え方です。

この仮説に基づき、口碑(koubei)では共同購入型クーポンを廃止。常連客を広げるためのマーケティング手法として、割引クーポンを重視した戦略を提案しています。

「口碑(koubei)」と日本のアプリ開発会社による新サービス開発

他の口コミ情報アプリとの差別化を模索していた口碑(koubei)。過去、さまざまな発想から追加機能を実装したものの、競合との明らかな差別化を図ることに行き詰まりを感じていました。

そのような中で口碑(koubei)は、日本のアプリ開発会社であるモンスター・ラボの提案を採用。店舗と顧客とのコミュニケーションの場を設けて来店機会を増やすべく、店舗側が独自で編集・管理できるプラグインを開発することにしました。

モンスター・ラボが開発した口碑(koubei)のプラグインは、すでに中国の一部ショッピングモールにて試用中。今後、一般公開を視野に入れた改善を継続していく予定です。

モンスター・ラボとは

モンスター・ラボは、現・代表取締役である鮄川宏樹氏が2006年に創業したアプリ開発会社。単にアプリ開発を手がけるだけではなく、デジタルプロダクトの企画・開発・ローカライズ・マーケティング等を含めた「グローバルソーシング事業」を、2019年現在世界13か国23都市で展開しているアプリ系の総合会社です。

創業以来、その斬新かつ専門性の高い企画・提案・制作に多くの大企業が注目。過去2,200件を超えるアプリ開発実績の中には、すでに一般的に知られている有名アプリも多数あります。

モンスター・ラボの主な実績

  • スマホ決済アプリ「Payどん」(鹿児島銀行)
  • 単身高齢者向け見守りサービス「ドシテル」(立グローバルライフソリューションズ)
  • 人工肛門保有者の健康な毎日を支援するアプリ(コロプラスト社)
  • 電子タバコ利用者の満足度向上のためのアプリ(BAT社)
  • 中高生向けの映像授業アプリ(家庭教師のトライ)
  • 旅行検索・予約アプリ(一休)
  • 店舗の雰囲気に合った音楽を配信するBGMサービス(モンスター・チャンネル)
  • 特定の土地の地元民に直接質問できるアプリ(ドライブジモティーズ)

モンスター・ラボの会社概要

会社名 株式会社モンスター・ラボ(Monstar Lab, Inc.)
住所 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー 4F
主要取引先 エイベックス・マーケティング / NHKエンタープライズ / オリンパス / コナミデジタルエンタテインメント / サイゼリヤ / サイバーエージェント / さかい / 電通 / トランスコスモス / 社団法人日本音楽著作権協会 / 博報堂 / バンダイナムコゲームス / 家庭教師のトライ / 集英社 / ディー・エヌ・エー / 朝日新聞社 / マクロミル / ベネッセホールディングス / エイチ・アイ・エス / KDDI / ウォルト・ディズニー・ジャパン / ポケモン / ほか多数

モンスター・ラボについてさらに詳しく見る>>

【まとめ】アプリ開発などを通じた独自性ある口コミマーケティングの模索

以上でご紹介したように、今やネット上の口コミを使ったマーケティング手法は、日本のみならず世界中で一般化しています。いや一般化にとどまらず、もはや口コミは、企業全体の業績を左右する大きなマーケティングツールになったと言っても良いでしょう。この傾向は、今後ますます加速し拡大していくことが予想されます。

加速と拡大が予想される口コミマーケティングだからこそ、従来型の工夫のない口コミ手法では、時代の波に埋もれて消えていくことにもなりかねません。独自性や工夫のない口コミマーケティングで良質のレビューを収集することは、近い将来、困難になっていくものと思われます。

積極的な事業戦略として口コミマーケティングを活用するならば、企業の独自性が不可欠。そのためにこそ、アプリなどのIT技術を用いたオリジナリティある手法を検討していきたいものです。

実績が豊富なスマートフォンアプリ開発会社をチェックする

 
スマートフォンアプリ開発に強い会社リスト
モンスター・ラボ
ガラパゴス
C2
ジェナ
アイビス
からくり
クリンクス
ポッシブル
ネクストシステム
フェンリル
クロス・コミュニケーション
テンダ
チームラボ
ブレイブソフト
シーサー
e.d.a
プライムセオリー
イグジット
スプラシア
ロケーションバリュー
ヤプリ
デジタルサーカス
エス・ケイ
マルジュ
framgia(フランジア)
VERVE(ヴァーヴ)
DOKE(ドーケ)
エレクトリック・アーティスト・ジャパン
イー・フュージョン
クリエイテラ
デジタルジャケット
エンタップ
エーエルジェイ
アジアクエスト
サイブリッジ
インフォメーションポート
カスタメディア
BAP
テックファーム
リモデルパートナーズ
セルナビ
キュアコード
クラスメソッド
ディー・フォレスト
チャンスラボ
制作会社に依頼する前に知っておきたいスマホアプリのあれこれ
スマホアプリ開発の費用相場と機能別料金を解説
マッチングアプリ開発費用
ECアプリの開発費用
単語帳アプリ開発費用
音楽アプリの開発費用
ニュースアプリの開発費用
カメラアプリの開発費用
SNSアプリの開発費用
マネタイズについて
失敗しない開発会社の選び方
iPhoneとandroidのアプリ開発の違い
アプリ開発を委託する際の10の注意点
アプリ開発は外注するべき?自社開発と外注のメリットデメリット
ヒットするスマホアプリを作るためは
スマホアプリの成功事例
アプリオブザイヤー2017から見る成功例
【ジャンル別】アプリ開発の特徴・トレンド
ゲームアプリ開発
SNSアプリ開発
ショッピングアプリ開発
マッチングアプリ開発
音楽アプリ開発
写真アプリ開発
ECアプリ開発
O2Oアプリ開発
位置情報アプリ開発
ホテルアプリ開発
ヘルスケアアプリ開発
不動産アプリ開発
ニュースアプリ開発
スポーツアプリ開発
教育アプリ開発
電子書籍アプリ開発
翻訳アプリ開発
業務用アプリ開発
店舗集客アプリを導入するメリットとは
評判の良い東京のアプリ開発会社を紹介
評判の良い大阪のアプリ開発会社を10社紹介
評判の良い福岡のアプリ開発会社を紹介
評判の良い神戸のアプリ開発会社を紹介
実績豊富なiOSアプリ開発会社5社の特徴を紹介
開発実績豊富なandroidアプリの開発会社5社を紹介
成功した店舗アプリの事例
効率よく集客力を上げる3つの方法
UI/UXデザインを依頼するならココ 人気のデザイン会社一覧
UXデザイン会社に外注すべきか?
UIデザインの基礎知識
UI/UXデザインのギャラリーサイト集
スマートフォンアプリのマーケティング活用事例集
配達業務の効率化を目指すゼンリンの「配達アプリ」
鹿児島銀行が開発した決済アプリ「Payどん」
口コミ収集アプリが重要なマーケティングツールとなる