失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の流れを解説

スマホアプリ開発の流れを解説

スマホアプリの開発はどのような流れで進められていくのでしょうか。企画から要件定義、設計、テスト、そして保守・運用までおおまかな流れをまとめました。

企画

スマホアプリを開発するにあたって、ざっくりとした機能や目的を決めただけで開発をスタートさせるのは危険です。しっかりとした企画立案がスマホアプリのスムーズな開発に必要だということに留意しておきましょう。

アプリをつくる目的、ターゲット、そして予算といった骨格を定め、社内で合意が得られるレベルの企画づくりから開発がスタートします。競合のアプリなどもリサーチし、リリース後の運用保守のことまで見通して企画することが重要です。

アプリ開発の企画について詳しく見る

要件定義

アプリの要件定義とは、設計や実装作業の前にアプリの開発計画を明確にするもの。発注するクライアントがつくった要求定義にしたがって、アプリ開発の目的、機能、開発スケジュールやコストといった具体的な内容を定めていきます。

アプリ開発においてエンジニアの最初の作業と言えるのがこの要件定義。要件定義が開発のベースとなるので、重要な工程のひとつです。

アプリ開発の要件定義について詳しく見る

設計(内部・外部)

スマホアプリの開発には、基本設計にあたる「外部設計」と詳細設計にあたる「内部設計」があります。

外部設計では、クライアントの要望をもとに機能やユーザーインターフェイス、またアプリの内部と入出力をつなぐ部分の設計も行います。対して内部設計ではユーザーからは見えない、開発環境や機能のモジュールの組立てと設計などを定めます。

緻密な設計がその後の開発をスムーズにするので、開発と設計を並行して作業しないようスケジュールには余裕を持ちましょう。

アプリ開発の設計について詳しく見る

テスト・リリース

開発が終わった後、リリースの前にテストを行います。テストで不具合や問題点をあぶり出し、エラーのない状態でリリースすることでユーザーの信頼が得られることは常に頭の片隅に置いておきたいところ。

機能面のテスト、性能面のテスト、そしてアプリに負荷をかけた場合の不具合の有無などのテストがあります。

アプリ開発のテストについて詳しく見る

保守・運用

最後に、リリース後の運用と保守について触れておくべきでしょう。リリースしたアプリが安定して稼働するようにするのが運用、リリース後に不具合を改善したり機能を追加したりするのが保守と呼ばれます。

いずれもアプリを使うユーザーの満足度を左右するもので、運用にしろ保守にしろ迅速で手厚い対応がユーザーの信頼を勝ち取るポイント。アプリをリリースしたらゴールではなく、リリースがスタートラインだと言っても過言ではありません。

アプリ開発の保守・運用について詳しく見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選