失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の種類を解説

スマホアプリ開発の種類を解説

スマホアプリの開発に使われる手法をまとめました。開発コストや工期の長短、アプリ開発の柔軟性、品質管理のしやすさなど、それぞれのメリットに触れながら特徴を解説しています。

ノーコード開発

ノーコード開発は、ソースコードを書かなくてもアプリが開発できる手法です。あらかじめ用意されている機能を組み合わせてアプリをつくるので、エンジニアでなくても開発が可能。非エンジニアの社内スタッフで内製することも可能です。コストと工期を圧縮できるメリットもあります。

スマホアプリのノーコード開発
について詳しく見る

ローコード開発

ノーコード開発はソースコードを書く必要が全くありませんが、汎用の機能しか使えず、カスタマイズができないというデメリットがあります。しかしゼロからアプリを開発するのはコストも時間もかかるもの。そこで、汎用の機能を組み合わせながら部分的にカスタマイズするのがローコード開発です。

スマホアプリのローコード開発
について詳しく見る

フルスクラッチ開発

ノーコード開発やローコード開発とは違い、ゼロからソースコードを書いてアプリを開発する手法です。これまでに書かれたプログラムや、既に用意されているフレームワークを使わないのでコストや時間がかかりますが、開発の自由度は高くなり、クライアントの要望に応えやすくなるというメリットがあります。

スマホアプリのフルスクラッチ開発
について詳しく見る

アジャイル開発

プロジェクトを小さい単位に切り分け、開発とリリース、フィードバックを細かく繰り返していく手法です。クライアントやユーザーのフィードバックを得ながら必要な機能を追加していくことができるので、機能ごとの開発とリリースがスピーディにでき、都度軌道修正できることがメリットです。

スマホアプリのアジャイル開発
について詳しく見る

フラッター開発

フラッターは、ひとつの言語でiOSとAndroidのアプリが開発できるプラットフォームです。iOSとAndroid両方で効率よくアプリ開発ができることから多くの開発者に選ばれています。Googleが開発やサポートをしており、後発のプラットフォームながら情報やツールが充実していることも特徴です。

スマホアプリのフラッタール開発
について詳しく見る

ウォーターフォール開発

アジャイル開発とは対照的に、最初に決めた工程は変更されることなく一方向に進んでいく開発手法です。一つひとつの工程についてチェックしながら進めるので品質管理がしやすく、大規模プロジェクトに向いている手法。

開発に時間はかかりますが、コストや人員、スケジュールの見通しが立てやすく、無駄がないところもメリットと言えます。最初に決めた仕様で最後まで開発をしていくので、完成品の仕様や品質に変更がないことから安心感がある手法です。

スマホアプリのウォーターフォール開発
について詳しく見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選