失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発企業一覧 » bravesoft

bravesoft

bravesoftは、フルスクラッチ開発はもちろん、ノーコードアプリの開発にも対応している会社です。イベントに特化したサービス「eventos」を使ったアプリ開発など、その特徴をまとめました。

目次

bravesoftはどんなスマホアプリ開発会社?

bravesoftの公式HPキャプチャ
引用元HP:bravesoft
https://www.bravesoft.co.jp/

スマホアプリ黎明期からチャレンジを続ける会社

bravesoftは、スマートフォンが普及しはじめた2009年ごろからアプリ開発に着手。これまでに合計500本以上のアプリをリリースしてきました(2024年5月調査時点)。TVerやboketeなどの大ヒットアプリをはじめてとして、企業やイベントの公式アプリも多数手がけています。

自社サービスとしてもイベント・展示会に特化したeventosというアプリを開発するなど、「新しいものへの果てしない挑戦」をモットーとしてその事業領域を拡大し続けています。

参照元:bravesoft公式サイト(https://www.bravesoft.co.jp/service/contract/

企画から開発まで一貫対応

アプリ開発に関して、受託開発と自社事業を半分ずつの割合で手がけているというbravesoft。社内で企画からデザイン、開発までを一貫して完結させることができます。この総合的な開発力をもって、顧客の事業を幅広くサポートできることが強みです。

会社の代表がエンジニアということもあり、社員は半数以上がエンジニア。技術の高いエンジニアには高待遇を用意するなど、開発環境の整備に余念がなく、開発力に優れた会社だと言えます。

bravesoftの主なアプリ開発の種類

bravesoftはこんな企業におすすめ

企画段階からサポートしてほしい企業にぴったり!

ノーコードアプリの開発はもちろん、企画の段階から専任チームのサポートが受けられるのがbravesoftの強み。そのため、企画の段階でつまずいていたり、要件定義がうまくいかないケースでもそのサポート力を発揮してくれます。アプリ開発の初期段階から開発会社と一緒に進めていきたい企業にはおすすめです。

【お悩み別】課題解決に導く
スマホアプリ開発会社3選を見る

bravesoftのスマホアプリ開発事例

一般社団法人 日本自動車工業会

イベントに行く前から気持ちが高まる公式アプリ

自社サービスであるeventosを使って、日本有数のモーターショーの公式アプリを制作しました。気になるモビリティをあらかじめアプリでチェックしておいて、当日は会場のレイアウトと連携しているマップ機能を使って効率よく見て回れるというプロダクト。

ほかにも会場で楽しめる機能が満載のアプリとなりました。

参照元:bravesoft公式サイト(https://eventos.tokyo/case/2820/

株式会社共立メンテナンス

寮生活を支援するアプリでSDGsに貢献!

ドーミーの入居者向けのアプリの開発事例です。寮食の申し込みや管理人とのメッセージ機能を搭載し、食品ロスやペーパレスに貢献することができます。入館手続きや外泊申請、食事の予約など、対面や電話では不便な手続きもすべてアプリで完結。寮生活を支援してくれる便利なアプリです。

参照元:bravesoft公式サイト(https://www.bravesoft.co.jp/works/partner/00050/

Parking Science

思い出が残る駐車場検索アプリ

駐車する日常を楽しむ、ということを目標に企画されたアプリ。条件にあった駐車場を選択し、料金や距離の近さ、駐車台数などで並び替え表示が可能。車を停めた場所を忘れたときのための駐車記録機能、お気に入りの駐車場の登録、おでかけの思い出が残せる機能など、車や駐車場のある生活を楽しくしてくれるプロダクトです。

参照元:bravesoft公式サイト(https://www.bravesoft.co.jp/works/partner/00351/

bravesoftの会社情報

社名bravesoft株式会社
本社所在地東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル6F
公式HPのURLhttps://www.bravesoft.co.jp/
電話番号記載なし
【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選