失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の種類を解説 » アジャイル開発

アジャイル開発

スマホアプリの開発手法、アジャイル開発について解説しています。旧来のウォーターフォールに比べて短いサイクルで軌道修正ができ、スピーディに開発を進められる点など、メリットをまとめました。

アジャイル開発とは?

アジャイル開発とは、開発するアプリの機能を小さい単位に切り分けて、小単位でテストや実装を行いリリースしていく方法です。

旧来の開発方法では、アプリの要件定義を詳細まで詰めてから開発をスタートさせるため、開発に時間がかかっていました。アジャイル開発では優先度の高い機能から順に着手して、小さい単位で機能を実装したらリリースし、ユーザーのフィードバックを受けて改良していくというサイクルを回していくので、リリースまでの期間が短く、小回りが効きます。

クライアントとの打ち合わせをコンパクトなサイズで繰り返すので、柔軟に意見を取り入れながら開発できることから要望の実現がしやすいこともポイント。アジャイルという言葉には「機敏な」という意味があるとおり、スピーディな開発が実現できる手法です。

ウォーターフォール開発との違い

現在はアジャイル型のアプリ開発が主流ですが、その前にはウォーターフォール開発が主流でした。これは一度アプリ開発の全体的な方向や仕様が定まると、方向を変えることなく開発を進めていきます。一方向にプロジェクトが進んでいくことから、落ちる水に例えてウォーターフォールと呼ばれます。

仕様を厳格に定めて開発する場合や、長期間で開発をする場合にはウォーターフォール型が有利な面もあります。しかし短い工期で要望に近いアプリを作る場合はアジャイル型の方が適していることが多いと考えられます。

アジャイル型で開発するメリット

アジャイル型で開発する場合、短期間の工程で都度細かい修正ができることがメリットです。トラブルや問題が発生してもその場で修正できるので、あとで大きな軌道修正が必要になるのを防げます。

また短いサイクルを細かく回していくということは、開発会社とクライアントの間のコミュニケーションも短いサイクルで行われるということ。ウォータフォール型の場合はアプリ全体ができあがるまでクライアントが開発に関わることはありませんが、アジャイル型なら細かくフィードバックすることができます。

「アジャイル開発」

アジャイル開発とウォーターフォール開発のどちらがベターなのか、アプリ開発を発注する側が先に決める必要はありません。まずはアプリ開発会社に目的や必要な機能を伝え、どの手法で開発するべきなのか相談するとよいでしょう。

このサイトでは、おすすめのアプリ開発会社を3社ピックアップしてご紹介しています。こちらを参考にして会社を選び、アプリについて相談してみることをおすすめします。

【お悩み別】課題解決に導く
スマホアプリ開発会社3選を見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選