失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の種類を解説 » ノーコード開発

ノーコード開発

スマホアプリの開発手法のひとつである、ノーコード開発について解説。そのメリットや、ローコード開発との違いをまとめてご紹介しています。

ノーコード開発とは?

ノーコードでのアプリの開発とは、ソースコードを記述しないでアプリケーションの開発を行うことを指します。Webサービスなどでも同様にノーコードと呼ばれます。

通常、アプリケーションの開発はプログラミング言語を使ってソースコードを書いていきます。ノーコード開発の場合はこのソースコードの記述の部分をスキップできるため、短期間での開発を実現してくれます。

ソースコードを書く場合、プログラミング言語の知識とそれを使いこなす技術が必要です。しかしノーコード開発の場合は専門知識がなくても開発ができ、言語が変わって言語の習得が必要になることもありません

実際にノーコードで開発する際には、画面操作だけで直感的に進めることができます。エンジニアでなくても、アイディアさえあればそれを実現できるというのがノーコード開発の優れているところ。知識がなくてもアプリやweb開発ができることから、エンジニア以外の人材がアプリ開発の現場で活躍できる時代が来ているのです。

ローコードとの違い

ノーコードは全くソースコードを書かないのですが、ローコードは「できるだけコードを書かない」というもの。全く書かないわけではなく、多少記述する部分があります。そのため知識は必要になってしまうのですが、その分拡張性に優れ、できることが増えることがメリットです。

ノーコードで開発するメリット

最大のメリットはプログラミングの知識がなくても開発ができること。エンジニアに開発の発注をしなくても済むことがあります。開発は直感的に進められるので、テンプレートを活用したり、かんたんな操作でモジュールを組み合わせたりするだけでOK。開発の費用や時間を削減することができます。

また、コードを書かなくてもいいので実装の時間が少なくて済みます。言語やフレームワークを習得する時間も不要です。

「ノーコード開発」

開発手法は発注段階で決定しておく必要はありません。企画の段階で、適切な方法をアプリ開発会社と相談するとよいでしょう。下記のページではおすすめのアプリ開発会社を3社ご紹介しています。こちらもぜひ参考にご一読ください。

【お悩み別】課題解決に導く
スマホアプリ開発会社3選を見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選