失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の流れを解説 » 要件定義

要件定義

スマホアプリ開発の工程に含まれる、要件定義について解説しています。開発の方針を定める重要な工程なので、発注側としてもしっかりチェックすることが必要な工程です。

スマホアプリ開発の要件定義とは?

要件定義とはそもそも何を指すのでしょうか。これは、設計や実装作業の前に行われる工程で、アプリ開発の目的を明確にする工程のことを指します。いわゆる「上流工程」と言われるもので、発注をするクライアントの要求を受注側が正しく理解するために必要な作業です。

これから開発するアプリで何をしたいのか、どうして必要なのかという点について、ヒアリングや分析を通じて理解していきます。発注側と受注側の間で認識のずれがないように入念にすり合わせておくことが開発をスムーズに進め、トラブルの可能性を減らすために重要なのです。

アプリ開発において、エンジニアの最初の仕事はこの要件定義だとも言えます。そのため、要件定義はアプリ開発の工程の中でももっとも上流に位置するものと考えてよいでしょう。

要求定義との違い

似ている用語に「要求定義」というものがあります。これは発注をするクライアント側が作成するもので、アプリ開発で言えば、

といった点を記載します。これは要件定義に比べて厳密さはなく、専門性のないクライアントがつくるもの。方向性を定めるため資料程度のもので、これをベースに要件定義を進めていきます。要件定義を作成するのはアプリ開発を行う開発会社です。似た言葉ですが別の工程なので、区別しておきましょう。

要件定義はアプリ開発のロードマップ

アプリ開発は、工程ごとに成果を決めておき、進行状況に応じて随時確認することが大切です。要件定義のあとは設計から始まり実装、それから運用へと進んでいきますが、工程ごとに要件定義の項目について確認しておくことがスムーズな開発に重要なのです。

その点で、要件定義はアプリ開発のマイルストーンであり、ロードマップだと考えるとわかりやすいと思います。

要件定義の進め方

要件定義は、以下のステップで進めていきます。

  1. アプリ開発の目的の明確化
  2. スケジューリング
  3. 要件定義書の作成

スマホアプリの開発の場合は、アプリで解決したい課題について、アプリで本当に解決できるのかを考えます。WEBサイトなど、ほかの方法のほうがベターである可能性もあります。アプリ開発が目的達成のベストな方法だと定まった上で、その目的にマッチした機能を決めていきます。

必要な機能をリストアップし、コストや納期と相談しながら実現可能性を探っていきます。必要な機能が出揃ったら、優先順位をつけながらスケジュールを切るステップに進んでいきます。

機能と予算、スケジュールが決まったら、いよいよ要件定義書を作成します。決まった内容をドキュメントとして残す作業で、アプリの概要、開発する目的、開発工程などが記載されるもの。これが開発のベースとなり、設計の際に参照されるものとなります。

要件定義で注意すべきこと

要件定義は基本的に開発会社がつくるものなので、作成する上での技術的な注意点はありません。要件定義を作成してもらう側として、チェックしておきたいのは以下の点です。

開発方法

アプリの開発方法には、ゼロから開発を始めるフルスクラッチと、すでに開発されている機能を組み合わせるノーコード、あるいはローコードでの開発があります。コスト、開発期間との兼ね合いに問題がないか確認しておきましょう。

主な機能

要求定義に記載した、アプリに欲しい機能が含まれているかを確認します。アプリや機能の目的に沿った形で機能が実装されていないと、アプリ開発の目的があいまいになってしまいます。必要最低限の機能は必ず含まれるものでなくてはなりません。逆に、確固たる目的のない機能が含まれていないかチェックする必要もあります。

UI

ユーザーがアプリを操作する画面のデザインであるUIについてもチェックしておきましょう。UIはアプリの顔であり、実際に操作するところをイメージしながら、意図したものになっているか確認することが必要です。

スマホアプリ開発の要件定義に強いベンダーは?

スマホアプリ開発ベンダーは多数ありますが、それぞれ得意とする分野は異なります。このサイトでは、スマホアプリ開発の要件定義に強いベンダーをピックアップしてご紹介しています。ぜひ開発会社選びの参考に、こちらもご一読ください。

【お悩み別】課題解決に導く
スマホアプリ開発会社3選を見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選