失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI
失敗しないスマホアプリ開発の会社・ベンダー選び方NAVI » スマホアプリ開発の種類を解説 » ローコード開発

ローコード開発

スマホアプリの開発手法のひとつ、ローコード開発について解説しています。ノーコード開発との違いや、ローコード開発をするメリットなどをまとめました。

ローコード開発とは?

ローコード開発とは、「できるだけソースコードを書かずにアプリを開発する手法」のことを言います。「できるだけ」という言葉からもわかるように、どれくらいソースコードを書けばローコード、という厳密な定義があるわけではありません。

ローコード開発が注目される背景

アプリをゼロからつくるフルスクラッチ開発と、ソースコードを書かずにつくるノーコード開発の中間に位置するローコード開発。ローコード開発はこの二者のデメリットを補うために普及しました。

フルスクラッチ開発はコストが高く、開発期間が長くなってしまうことがデメリット。一方、ノーコード開発はできることが限られていて、かゆいところに手が届かないことが弱点です。それぞれの中間をとることで、デメリットを解消してコストを抑えながら細かく作り込めることから、ローコード開発が注目されるようになりました。

iOSやAndroidアプリの場合、基本部分はパッケージ化されたサービスを流用しつつ、必要に応じて部分的にスクラッチで開発する形で進めていきます。基本的な部分はゼロからの開発ではないので、コストや開発期間が抑えられるのです。

ノーコード開発との違い

ノーコードは、ソースコードを書かずに開発ができる手法。もともと用意されている汎用的な機能を、ドラッグアンドドロップなどで画面上に配置してアプリを開発することができます。そのためエンジニアでなくても簡潔に自社でアプリを開発することができるのです。

ローコード開発でも、機能やコンテンツを画面上で並べて基本的な部分を開発します。部分的にカスタム開発をするので、汎用的な機能では実現できない部分だけコードを書く点がノーコード開発との違いです。

ローコードで開発するメリット

初期費用を抑えながら、ある程度カスタムできることがローコード開発のメリットです。ノーコードよりも若干コストは上がってしまいますが、かゆいところに手が届く、汎用の製品とは違うアプリを開発できることから、ローコード開発という選択肢もありうることを頭の片隅に置いておくとよいでしょう。

「ローコード開発」

ノーコードやローコード、フルスクラッチ開発など、手法の選択肢はさまざま。しかし開発手法を決めるよりも、開発の目的や必要な機能をアプリ会社に伝えて相談することをおすすめします。下記のページでは、おすすめしたいアプリ開発会社を3社ピックアップしてご紹介しています。ぜひご一読ください。

【お悩み別】課題解決に導く
スマホアプリ開発会社3選を見る

【お悩み別】
自社の課題解決に導く
スマホアプリ開発会社おすすめ3選

ここでは、「PoC(Proof of Concept:概念実証)や実現性」に強いベンダー、「連携やインフラに関する技術力と提案力」に優れたベンダー、「低コストの設計・保守」を可能にするベンダーをそれぞれ紹介します。

実現性や開発工数が
なかなか見えない......
実現性や開発工数がなかなか見えない......
  • 企画、要件定義の段階で躓いている
  • このまま進めていいのか、判断できない。手戻りが心配…
PoC・実現性検証に強い
三恵クリエス
  • 企画立案に必要なフィジビリティ検証を1か月で実行
  • 手間のかかる要件定義を3か月
    スピード実施

公式サイトをみる

電話で問い合わせる
平日10時~18時

詳しくみる

インフラ構築や
システム連携を含めた
相談がしたい......
インフラ構築やシステム連携を含めた相談がしたい......
  • 膨大なアクセスを捌けるインフラ、デジタル接点を構築したい
  • 既存システムとのスムーズな連携も実現したい
AWSに認められた
技術力と提案力
クラスメソッド
  • 2022年にAWSの「SI Partner of the Year - GLOBAL」を受賞
  • ネイティブアプリ、LINEミニアプリ、IoTアプリなど幅広い提案が可能
※参照元:クラスメソッド公式HP
https://classmethod.jp/news/20221129-aws-partner-award-jp/

公式サイトをみる

電話で問い合わせる

詳しくみる

設計・運用のコストを
抑えたい......
設計・運用のコストを抑えたい......
  • 自社のエンジニアが不足しているため、運用が特に不安
  • コストもかけられないため、ノーコード開発を検討している
ノーコード開発で
保守・運用も楽々
yappli
  • AndroidとiOS両方のノーコード開発が可能
  • 年間200回以上の機能改善を実施。サクセス支援をチームがサポート

公式サイトをみる

詳しくみる

課題解決に導くスマホアプリ
開発会社3選